「聖地「定州」&日本連結プロジェクト【養蜂部門】」の記事一覧

『聖地「定州」&日本連結プロジェクト【養蜂部門】』は、養蜂を通して聖地「定州」と日本の地を連結するプロジェクトです。

平和メッセージ②「神様のモデル的理想家庭と国家と平和王国」の中で、文鮮明先生は次のように語られています。

「蜜蜂は、春になれば、長い冬ごもりから目覚めて新鮮な蜜を味わうようになります。夢中で花の蜜を吸っている蜂のしっぽをピンセットで引っ張ってみてください。しっぽが抜けて体から離れても、蜜から口を離さない蜜蜂を見ることができるでしょう。
 皆様はいかがですか。皆様が本当に神様の真の愛の味を知るようになれば、たとえ逃げても、また戻ってきて、その真の愛にしがみつこうとするのです。このように、神様と連結させてくれる縦的な真の愛の力は、生命の力よりもっと大きいということです。」

文鮮明先生のご実家では養蜂をされていたので、少年時代にこのようなことを実際にされたのではないかと思います。

他にも蜜蜂に関して語られたみ言がありますが、養蜂をやりながら、文鮮明先生が蜜蜂たちを見ながら体恤された神様の心情と真の愛を感じたてみたいですね。

 

【カテゴリ内記事一覧】

■聖地「定州」&日本連結プロジェクト【養蜂部門】始動のお知らせ

巣箱を設置しました!-聖地定州連結【養蜂プロジェクト】レポート① in 埼玉

■ミツバチが来ました!-聖地定州連結【養蜂プロジェクト】レポート② in 埼玉

聖地「定州」&日本連結プロジェクト【養蜂部門】始動のお知らせ

聖地「定州」&日本連結プロジェクト【養蜂部門】

【今回のみ言】  私の家は養蜂もたくさんしましたが、アカシアの蜂蜜が本当においしいのです。アカシアの花に蜂が留まって味わえば、頭を押し込み、吸い込む時は前後の足を突っ張って、尻は下に丸めて吸い立てるのです。そのようなとき […]

ページの先頭へ