【神様からあなたへ】

 

なぜ私がおまえを愛したか。
それは、おまえが私の子だからである。

おまえは今日までよく自らの幼い日を恋しがり、
「あの頃はまだ清かった」と言って懐かしんだね。
しかし、その頃の清さや美しさは比較にならない。

私がおまえの中に埋めた神の子としての真の生命は、
私自身も慕わざるを得ないほどに、清く美しいものなのだよ。

しかし、生まれながらに罪の子としての
運命のもとに生まれざるを得なかったおまえには、
成長と共に罪が芽生え、次第にその罪が
おまえを支配するようになっていった。

おまえは悩んだね。
やがて私に救いを求め、
真理の門を叩いた。

しかし、このみ言を知ってからも、
自らの罪と汚れに胸を打って嘆いたね。

しかし、そういうおまえを
私が一度でも責めたと思うか。
そういうおまえが醜いからと言って
顔を背けたことがあったと思うのか。

そのような罪ある運命のもとに
誕生して来ざるを得なかったおまえの故に、
この私自身が悩み嘆いていたのだ。

なぜなら、それが本当のおまえではなかったから。

なぜ私がおまえを愛するか。
それは、おまえがかけがえのない
私の子であるからなのだ。

 

 

【文鮮明先生からあなたへ】

おまえは一人で生まれてきて、
一人で生きているのではなく、
私があるからおまえがあり、
おまえがあるから私があるのだよ。

おまえの罪は人類の罪だ。
おまえが勝たなければおまえより
もっと苦しんでいる人たちはどうするのかね。
おまえには責任があるのだよ。

私もおまえなら勝てると思ったからこそ、
信じているからこそ、
今までおまえを導いて来たんだよ。
たとえおまえが私を信じなくても、
私はおまえを信じ、愛しているのだよ。

私は報酬を望まない。
どんなに今まで裏切られたことか。
それでも私はおまえたちを愛して信じてきたのだよ。
おまえがどんなに否定しても
おまえは私のかけがえのない娘だよ!

おまえの罪の故に、おまえの苦しさ悲しさの故に、
私はおまえ以上に耐えてきたのだよ。

暗闇の中をおまえは一人であるいてきたのではなく、
いつも私がそばにいたのをおまえはどれだけ知っていたのか。

ごらん、木々の緑の中に、小川のせせらぎの中に、
私の愛が聞こえるだろう。
私はこんなにおまえを愛してるんだよ。

さあ、信じてごらん、おまえの中の私を。
愛してごらん、おまえの中の私を。

おまえが立ち上がるまで、おまえが勝利者となるまで、
私はいつもそばにいておまえをみているよ。

私はおまえの親だから
おまえを離すことはできないのだよ。
戦って勝利して私を喜ばせておくれ。

私の信じた娘は、私の愛した娘は
こんなにも成長しましたと、
神の前にサタンの前に
誇ることのできるおまえであっておくれ。

罪が少なくて勝利するのが簡単だった者より、
罪が多くて勝利するのが困難だった者が勝利してくれた方が
私にとってどれほど大きな希望となることだろうか。

この娘は本当に罪深かったけれども
いまではこんなに成長しましたと私に言わせておくれ。

おまえと二人で天のお父様の前に報告に行ける日を
私の唯一の楽しみにしているよ。

がんばるんだよ!

 

■音声で聴いてみたい方はこちら

Print Friendly, PDF & Email