「人類史と現代の摂理講座」の記事一覧

今、成約聖徒が受けている「言語に絶するほどの内的な試練」とは?【partⅣ】

成約時代の摂理的同時性

【今回深掘りする原理のみ言】  心との関係がなくては、体の行動があり得ないように、神との関係がなくては創造本然の人間の行動もあり得ない。したがって、無形世界との関係がなくては、有形世界が創造本然の価値を表すことはできない […]

今、成約聖徒が受けている「言語に絶するほどの内的な試練」とは?【partⅢ】

成約時代の摂理的同時性

【今回深掘りする原理のみ言】  ピリポがイエスに、神を見せてくださいと言ったとき、イエスはピリポに、「わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父がわたしに […]

今、成約聖徒が受けている「言語に絶するほどの内的な試練」とは?【partⅡ】

成約時代の摂理的同時性

  【今回深掘りする原理のみ言】  今まで神を信ずる信徒たちが罪を犯すことがあったのは、実は、神に対する彼らの信仰が極めて観念的であり、実感を伴うものではなかったからである。神が存在するということを実感でとらえ、罪を犯せ […]

今、成約聖徒が受けている「言語に絶するほどの内的な試練」とは?【partⅠ】

成約時代の摂理的同時性

【今回深掘りする原理のみ言】  この時代においては、文芸復興の主導理念である人文主義と、これに続いて起こる啓蒙思想、そして、宗教改革によって叫ばれるようになった、信仰の自由などによる影響のために、宗教と思想に一大混乱をき […]

ページの先頭へ