■氏名:中村 仁史(なかむら ひとし)

■出身地:日本国・東京都

■出身校:中央大学

■特技:韓国語の翻訳(でも、通訳はちょっと苦手ですw)

■祝福:3万双(1992年8月)

■所属:日本サンクチュアリ協会本部教会

■座右の銘のみ言:『自分を信じよ』(1972年5月 日本・名古屋 守山修練所)

■『原理講論』通読数:138回(韓国語23回・日本語115回)

■主な経歴:
・1984年2月19日、初めて「統一原理」と出会う
・1989年4月に統一教会に献身
・1992年12月23日に渡韓、その後1998年6月まで韓国在住
・1998年10月から2015年6月まで光言社にてみ言翻訳・編纂業務を担当

 

■『UPMC』(統一原理マスタークラブ )の理念と目標

『UPMC』(統一原理マスタークラブ )は、『原理講論』にある以下の一文を中心理念として掲げています。

「真理の目的は善を成就するところにあり、そしてまた、善の本体はすなわち神であられるがゆえに、この真理によって到達する世界は、あくまでも神を父母として侍り、人々がお互いに兄弟愛に固く結ばれて生きる、そのような世界でなければならないのである。」(『原理講論』33ページ)

『UPMC』が目指す世界を一言で言えば、「自由理想世界」です。聖書にも「主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある。」(コリントⅡ3:17 )「真理は、あなたがたに自由を得させるであろう」(ヨハネによる福音書8:32)とあります。

また、『原理原本』には、「自由理想世界」について次のように記述されています。

「私たちの理想世界は、真の自由世界である。すなわち、距離の支配を受けない世界であり、空間の支配も受けず、時間の支配も受けない世界である。考えと同時に、そのまま結果が現われる自由理想世界だ。この世界が神様を中心とした世界だ。」

人間は、堕落によって神様の真理のみ言を失い、真の自由を失ってしまいましたので、これを取り戻さなければなりません。

『UPMC』(統一原理マスタークラブ )とは、この理念に共感し、理念が実現された理想世界を目指し、自己の立場(家庭連合やサンクチュアリ協会など)を超えて共に歩み、共に真の自由を享受して、自由理想世界を目指す人たちの集まりです。

日本の全国民に「統一原理」を伝え、神様が人類の父母であり、私たち人間は神様の息子、娘だということを知ってもらう、これが『UPMC』が目指す目標です。

 

■ブログのコンセプト

当ブログは、5年以上の韓国在住経験を活かし、文鮮明先生のみ言を17年間日本語に翻訳してきた私が、かつて一度でも「統一原理」を聞き、今、人生と人間関係で悩んでいる人に向けて、「統一原理」の学び方と実践方法を、み言と実例をまじえて分かりやすく伝えるブログです。

 

■ブログ運営の目的と方針

私たちが生きているこのサタン世界を見てください。すべての人が共産主義者でしょうか? 全員が共産党員なのではありません。

ただ、共産主義的な思想、つまり唯物論による物質中心主義的な考え方と価値観が主流となっているだけです。

ですから、最終的には全人類が祝福家庭にならなければなりませんが、その前にまず、「統一原理」を中心とした考え方と価値観を広めることが先決なのではないでしょうか?

たとえ「統一原理」を知らなくても、いつのまにか「統一原理」的な考え方や価値観で生きている、そんな人たちでこの世界が一杯になれば、自然と善の世界になるはずです。

このブログは、かつて一度でも「統一原理」を聞いたことがある方を対象に、もう一度「統一原理」を学んでもらうことを目的としています。

主に『原理講論』を中心に深く掘り下げて解説した記事や、「統一原理」を人生と生活でどのように実践するのか、また「統一原理」の観点から歴史と世界がどのように動いているのかといった記事を掲載していきます。

もう一度「統一原理」を学びたいという方であれば、所属協会(家庭連合やサンクチュアリ協会など)や所属の有無に関係なく歓迎です。

ただし、私も本名を公表していますので、ハンドルネームしか名乗れず、本名を名乗れない方はご遠慮ください。

オンライン上で不毛な議論によりお互いの時間を消耗することは望んでおりませんので、各記事のコメントも受け付けておりません。

もし何かご質問やご意見がございましたら、コメントフォームより本名を記載のうえ、ご連絡ください。

ハンドルネームであったり、最低限のマナーをわきまえていない内容のものは、すべてスルーしますのでご了承ください。

 

■最後に

経歴にあるように、私は17年間、文鮮明先生のみ言を日本語に翻訳した経験があります。

私よりも多く日本語のみ言を訓読した人は大勢いらっしゃると思いますが、原語(韓国語)のみ言に関しては、最も多く訓読した日本人だという自負もあります。

それでも、「統一原理」には私たちの想像をはるかに超えて膨大な霊的情報量があるため、私一人ですべてを理解し、体恤することは到底できません。

もちろん、自分一人だけでも生涯を通じて探求していくつもりですが、それでも一緒に「統一原理」を探求し、お互いに切磋琢磨できる仲間がいればどれほど心強いか分かりません。

神様が文鮮明先生を通して人類に与えてくださった究極の真理である「統一原理」を、真剣に学びあえる仲間が一人でも増えることを祈っております。

 

Print Friendly, PDF & Email