【原語で『原理講論』を読むプロジェクト活動報告】

※【原語で『原理講論』を読むプロジェクト】の詳細はこちら
https://unification-principle.com/category/upmcproject/hangleproject/

 

先日、【原語で『原理講論』を読むプロジェクト】として、第2回目の韓国語『原理講論』訓読会を行いました。

訓読したみ言の中で、もう少し原文に近い日本語にしたほうが良いかもしれないと思われる箇所をピックアップしてみました。

現在の日本語訳と韓国語原文の直訳文とを比べて、意味やニュアンスの違いなどに注目してみてください。

■第2回韓国語『原理講論』訓読会

日付:2019年6月20日
場所:東京日暮里にある某会議室にて
訓読:韓国語『原理講論』本文p15~30(総序~創造原理)

■今回の訓読で確認した日本語『原理講論』の修正検討箇所一覧

(1)日本語『原理講論』p35の8行目

【日本語】
完全無欠であるはずの神が、いったいどうして堕落の可能性のある人間を創造され、全知全能の神が、彼らが堕落するということを知っていながら、どうしてそれを食い止めることができなかったのか。また神はなぜその創造の権能によって、一時に罪悪人間を救うことができないのであろうか等々、実に、長い歴史の期間を通じて思索する人々の心を悩ませてきたあらゆる問題が、完全に解かれなければならないのである。

【韓国語】
완전완미하신 하나님이 어찌하여 타락될 가능성이 있는 인간을 창조하셨고, 전지전능하신 하나님께서 그들이 타락되는 것을 아시면서도 그것을 막을 수 없었던 이유는 어디에 있었으며, 더 나아가서 하나님은 왜 그 창조의 권능을 가지고 일시에 죄악인간을 구원하지 못하시는가 하는 것 등, 실로 오랜 역사의 기간을 두고 깊이 생각하는 사람들의 마음을 괴롭혀 온 모든 문제들을 완전히 풀어 줄 수 있어야 한다.

【韓国語原文の直訳】
完全無欠であられる神が、どうして堕落する可能性がある人間を創造され、全知全能であられる神が、彼らが堕落することをご存知でいながらも、それを食い止めることができなかった理由はどこにあったのであり、さらに神はなぜその創造の権能をもって一時に罪悪人間を救うことがおできにならないのかなど、実に、長い歴史の期間にわたって、深く考える人々の心を悩ませてきたあらゆる諸問題を、完全に解いてくれなければならないのである。

(2)日本語『原理講論』p38の7行目

【日本語】
先生は単身、霊界と肉界の両界にわたる億万のサタンと闘い、勝利されたのである。

【韓国語】
선생은 혈혈단신으로 영계와 육계의 억만 사탄과 싸워 승리하신 것이다.

【韓国語原文の直訳】
先生は独り孤独な身で、霊界と肉界の億万のサタンと闘い、勝利されたのである。

(3)日本語『原理講論』p41の2行目

【日本語】
けれども、今日に至るまで、この問題に対して納得のいく解答を我々に与えてくれた人はまだ一人もいない。それは本来、人間や宇宙がいかに創造されたかという究極の原理を知らなかったからである。

【韓国語】
그러나 아직까지 아무도 이 문제에 대하여 석연한 대답을 해 준 사람이 없었으니, 그것은 본래 인간이나 우주가 어떻게 창조되었는가 하는 구극의 원리를 알지 못하였기 때문이다.

【韓国語原文の直訳】
けれども、いまだに誰もこの問題に対して釈然とした答えを与えてくれた人がいなかったのであるが、それは本来、人間や宇宙がいかに創造されたかという究極の原理を知らなかったからである。

(4)日本語『原理講論』p43の最後の行

【日本語】
以上の記述によって、我々はすべての存在が、陽性と陰性との二性性相による相対的関係によって存在を保ち得ているという事実を明らかにした。

【韓国語】
우리는 위에서 모든 존재가 양성과 음성의 이성성상으로 인한 상대적 관계에 의하여 존재하고 있다는 사실을 밝혔다.

【韓国語原文の直訳】
我々は、前述のようにすべての存在が、陽性と陰性の二性性相による相対的関係によって存在しているという事実を明らかにした。

(5)日本語『原理講論』p48の後ろから2行目

【日本語】
易学では、宇宙の根本は太極(無極)であり、その太極から陰陽が、陰陽から木火土金水の五行が、五行から万物が生成されたと主張している。

【韓国語】
역학에서는 우주의 근본은 태극이며, 그 태극에서 음양이, 음양에서 금목수화토의 오행이, 그리고 오행에서 만물이 생성되었다고 주장한다.

【韓国語原文の直訳】
易学では、宇宙の根本は太極であり、その太極から陰陽が、陰陽から金木水火土の五行が、そして五行から万物が生成されたと主張する。

 

※注釈

韓国語原文の「金木水火土」という表現は、中国の歴史書『春秋』の代表的な注釈書の1つ『春秋左氏伝』が初出とされ、韓国ではこちらの並び順が一般的です。

この並び順は、「五時」と「五行相剋説」を組み合わせたものという説があります。

日本では「五行相生説」(ごぎょうそうしょうせつ)の順番が一般的なため、「木火土金水」と表記したのでしょう。

 

◎「五時」
一年の気候変動である「時」=季節を五行に割り当てるという理論。木=春、火=夏、金=秋、水=冬に割り当てるが土だけは除外。

◎「五行相剋説」(ごぎょうそうこくせつ)水火金木土
木が根を張り土を留める、土が水を塞き止める、水が火を消す、火が金を融かす、金が刃物となり木を伐り倒す、といった要領で、互いに剋しあい畏れあう関係を表す理論。

◎「五行相生説」(ごぎょうそうしょうせつ)木火土金水
木を擦り合わせると火が生じ、火が燃え尽きると土(灰)が生じ、土でできた山からは金が生じ、金が結露して水が生じ、水の潤いによって木が生じる。

 

■第3回韓国語『原理講論』訓読会の予定日

日付:2019年7月23日
場所:東京日暮里にある某会議室にて
訓読:韓国語『原理講論』本文p31~44(創造原理)

 

 

※韓国語『原理講論』は2006年2月20日発行の42刷標準横書きから引用
※日本語『原理講論』は2014年5月30日発行の第5版第1刷から引用
※韓国語原文の直訳文の文責は当ブログ管理者にあり、翻訳に際して使用した辞書は『朝鮮語辞典』(小学館)

Print Friendly, PDF & Email