【今回深掘りする原理のみ言】
 旧約と新約の聖書を対照してみれば、旧約聖書の律法書(創世記から申命記までの五巻)、歴史書(ヨシュア記からエステル記までの十二巻)、詩文書(ヨブ記から雅歌までの五巻)、預言書(イザヤ書からマラキ書までの十七巻)は、各々新約聖書の福音書、使徒行伝、使徒書簡、ヨハネ黙示録に該当する。(『原理講論』p467)

 

前回の「第2章 七つの教会へのメッセージと成約時代の摂理的同時性」では、「七つの教会」へのメッセージと「成約時代の摂理的同時性」の時代区分がどのような関係にあるのかを説明しました。

今回は、『ヨハネの黙示録』全体の中で繰り返し登場する聖句を中心に、『ヨハネの黙示録』の章構成と「成約時代の摂理的同時性」の時代区分との対応関係について解説します。

これにより、『ヨハネの黙示録』には、再臨主の降臨以降、今に至るまでの復帰摂理路程が預言されていることが明確になります。

第3章 天宙的カナン復帰路程と『ヨハネの黙示録』

第1節 教会・封印・ラッパ・鉢の原理的意義と復帰摂理路程との対応関係

(1)『ヨハネの黙示録』に登場する七数

『ヨハネの黙示録』には、「七つの教会」を初め「七つの霊」や「七つの金の燭台」など、七数に関するものが数多く登場します。

その中で、七つそれぞれについて詳細に記録されているのは、「七つの教会」、次に「七つの封印」、次に「七つのラッパ」、次に「七つの鉢」です。

第1章で解説したように、これらは聖書の七数概念により、次のように展開しています。

それでは、「統一原理」から見たとき、教会・封印・ラッパ・鉢は、それぞれどのような意味があるのかを調べてみましょう。

(2)教会・封印・ラッパ・鉢の原理的意義

神様は、まず天使界をつくり、地上の万物世界をつくり、そして人類始祖のアダムとエバをつくられました。

その後、アダムとエバが三大祝福(「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ」創世記1章28節)を実現していくことが神様の創造理想でした。

『ヨハネの黙示録』に記録されている教会・封印・ラッパ・鉢は、このような神様の天地創造の過程と対応しています。

なぜなら、神様の復帰摂理歴史は、創造原理によって摂理される再創造の歴史なので、『ヨハネの黙示録』が預言書であるとすれば、当然、神様の天地創造過程と一致しているはずだからです。

このような観点から、それぞれの意味を原理的に考えると、次のような対応関係になっていると見ることができます。

 教会 ⇒ 天使界と万物世界の創造
 封印 ⇒ 第一祝福の個性完成
 ラッパ ⇒ 第二祝福の子女繁殖
 鉢 ⇒ 第三祝福の万物主管

教会は天使界と万物世界であるエデンの園を象徴し、封印されている巻物はみ言の完成実体を象徴し、ラッパはそのみ言を広く伝えるものということで子女繁殖を象徴し、鉢は器ですから万物主管を象徴していると考えることができます。

このように、教会は天使界と万物世界の創造、封印は人間の第一祝福(個性完成)、ラッパは第二祝福(子女繁殖)、鉢は第三祝福(万物主管)と対応しているのです。

それでは、次に摂理的な観点から、復帰摂理路程と教会・封印・ラッパ・鉢の対応関係を見てみましょう。

(3)復帰摂理路程と教会・封印・ラッパ・鉢の対応関係

霊的な真の父母(イエス様と聖霊)を中心とする復帰摂理路程が新約時代であり、成約時代は実体の真の父母(再臨主とその新婦)を中心として復帰摂理路程が展開する時代です。

この再臨主を中心とする復帰摂理路程は、モーセの民族的カナン復帰路程とイエス様の世界的カナン復帰路程の基台の上で展開される天宙的カナン復帰路程です。

モーセ路程とイエス路程がそうであったように、再臨主を中心とする天宙的カナン復帰路程も、結果的に三次にわたって延長されています。

第1次天宙的カナン復帰路程:第一の真の父母を中心とする摂理(1920~1960年)

第2次天宙的カナン復帰路程:第二の真の父母を中心とする摂理(1960~2012年)

第3次天宙的カナン復帰路程:第三の真の父母を中心とする摂理(2012~2022年)

『ヨハネの黙示録』は、それが成立した1世紀から神様のみ旨が成就するまでが預言されています。

このことから、「成約時代の摂理的同時性」では、新約時代の復帰摂理路程と成約時代の三次の天宙的カナン復帰路程が、それぞれ以下のように教会、封印、ラッパ、鉢と対応して預言されていると見ています。

【新約時代】
霊的真の父母を中心とする摂理 ⇒「七つの教会」

【成約時代】
第一の真の父母を中心とする摂理(1920~1960年)⇒「七つの封印」
第二の真の父母を中心とする摂理(1960~2012年)⇒「七つのラッパ」
第三の真の父母を中心とする摂理(2012~2022年)⇒「七つの鉢」

具体的な章構成で言えば、1章から3章までが新約時代の復帰摂理路程、4章から6章までが成約時代の第1次天宙的カナン復帰路程、7章から8章までが第2次天宙的カナン復帰路程、9章から18章までが第3次天宙的カナン復帰路程を預言している内容になります。

19章から最終章(22章)は、カナン復帰後に天上天国と地上天国が実現していく過程が預言されています。

もし第1次天宙的カナン復帰路程で勝利していれば、『ヨハネの黙示録』の預言は6章からそのまま19章へと預言が成就されていき、同じように第2次天宙的カナン復帰路程で勝利していれば、8章から19章へと預言が成就していたはずです。

実際には3次まで天宙的カナン復帰路程が延長されているので、現在は「三大王権完成準備時代」(2019~2022年)に該当する13章から18章の預言が成就している途上にあるのです。

それでは次に、このような時代区分の基準となる聖句について確認してみましょう。

第2節 『ヨハネの黙示録』が天宙的カナン復帰路程の預言である聖書的根拠

(1)三度にわたって預言されている聖句

第2章で解説したように、『ヨハネの黙示録』の中で繰り返し記録されている聖句を調べ、それがどの章にあるかを確認することで、天宙的カナン復帰路程の各時代と『ヨハネの黙示録』の章構成がどのように対応しているかを明確できます。

そこで、天宙的カナン復帰路程が預言されている4章から18章を調べてみると、「四つの生き物と長老たち」「部族、国語、民族、国民」、そして「14万4000人」の聖句が、同じ章にまとめて登場し、繰り返し記録されていることが分かります。

これらの聖句は、それぞれ第1次天宙的カナン復帰路程の5章、第2次天宙的カナン復帰路程の7章、第3次天宙的カナン復帰路程の14章に記録されています。

【5章:第1次天宙的カナン復帰路程】

わたしはまた、御座と四つの生き物との間、長老たちの間に、ほふられたとみえる小羊が立っているのを見た。(5章6節)

あなたはほふられ、その血によって、神のために、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から人々をあがない、わたしたちの神のために、彼らを御国の民とし、祭司となさいました。(5章9~10節)

 

【7章:第2次天宙的カナン復帰路程】

わたしは印をおされた者の数を聞いたが、イスラエルの子らのすべての部族のうち、印をおされた者は十四万四千人であった。(7章4節)

その後、わたしが見ていると、見よ、あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、数えきれないほどの大ぜいの群衆が、白い衣を身にまとい、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立ち、大声で叫んで言った(7章9~10節)

御使たちはみな、御座と長老たち四つの生き物とのまわりに立っていたが、御座の前にひれ伏し、神を拝して言った(7章11節)

 

【14章:第3次天宙的カナン復帰路程】

なお、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っていた。また、十四万四千の人々が小羊と共におり、その額に小羊の名とその父の名とが書かれていた。(14章1節)

彼らは、御座の前、四つの生き物長老たちとの前で、新しい歌を歌った。(14章3節)

わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音をたずさえてきて、大声で言った(14章6~7節)

 

このように、5章、7章、14章と三度にわたり繰り返し預言されているのは、人間の責任分担が果たされないことによって復帰摂理路程が延長するためです。

そのさいに、ただ繰り返されるのではなく、前回の路程で果たされなかった蕩減条件が加重されるため、次の路程ではより多くの蕩減期間と蕩減条件が必要になります。

ただ、「14万4000人」の聖句は、7章と14章に記録されていますが、5章には記録がないので、次にその理由について調べてみましょう。

(2)「14万4000人」の預言について

①「14万4000人」を立てる目的

「14万4000人」とはどのような人たちなのかについて、『原理講論』では次のように説明されています。

 イエスが再臨されて、復帰摂理を完遂なさるためには、復帰摂理路程において、天のみ旨を信奉してきながらも、自分の責任分担を果たせなかったために、サタンの侵入を受けたすべての聖賢たちの立場を蕩減復帰できる代理者たちを、再臨主がその一代において横的に探し立て、サタン世界に対する勝利の基台を立てなければならない。このような目的で、再臨主が降臨されて立てられる信徒の全体数が、正に黙示録一四章1節から4節までと、黙示録七章4節に記録されている十四万四千の群れなのである。(『原理講論』p223)

 

このように成約時代に降臨される再臨主は、旧約時代と新約時代のあらゆる聖賢たちの立場を蕩減復帰できる人たちとして「14万4000人」を立てるのです。

 

②「14万4000人」の預言が5章にない理由

それでは、なぜ第1次天宙的カナン復帰路程が預言されている5章には「14万4000人」の聖句がないのでしょうか?

それは、第一の真の父母を中心とする第1次天宙的カナン復帰路程で、韓国のキリスト教の不信によって「14万4000人」が立てられないことを預言しているのが5章だからです。

イエス様はご自身の再臨のときのことについて、「しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない」(ルカ福音書17章25節)と預言されています。

イエス様がこのような苦難の預言をされた理由について、『原理講論』では次のように説明されています。

 再臨主は、初臨のときの復帰摂理路程を蕩減復帰しなければならないので、あたかも彼の初臨のとき、ユダヤ民族の不信によって、霊的復帰路程の苦難の路程を歩まれたように、再臨のときにおいても、もし第二イスラエルであるキリスト教信徒たちが不信に陥るならば、その霊的な苦難の路程を、再び実体をもって蕩減復帰されなければならないのである。イエスが「しかし、彼(イエス)はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない」(ルカ一七・25)と言われた理由は、とりもなおさず、ここにあるのである。(『原理講論』p427)

 未だ旧約時代の終末期であったときに、新約時代の新しい摂理の中心として来られたイエスは、旧約律法主義者たちにとっては、理解することのできない異端者の姿をもって現われたので、ついにユダヤ人たちの排斥を受けて殺害されてしまったのである。(中略)
 今や、イエスが再び新約時代の終末期において、新しい天と新しい地のために、新しい摂理の中心として来られ、新しい時代の建設のために(黙二一・1~7)新しい真理をくださるであろう。
 それ故に、イエスが初臨のときに、ユダヤ人たちからベルゼブル(悪霊のかしら)の乗り移った人間として、排斥されたように(マタイ一二・24)、再臨のときにおいても、必ずや再びキリスト教信徒たちの排斥を受けるに相違ないのである。故に、イエスは将来再臨なされば、自分が多くの苦難を受け、その時代の人々から見捨てられるであろうと預言されたのである(ルカ一七・25)。(『原理講論』p173)

 

このように、第1次の天宙的カナン復帰路程は、イエス様の路程を蕩減復帰しなければならない路程になるため、イエス様は苦難の預言をされたのです。

ですから、『ヨハネの黙示録』の5章に「14万4000人」の預言がないのは、再臨主もイエス様と同じく苦難の路程を歩まれるからだと考えることができます。

そして、第五の封印が解かれたときの記録が次の6章にありますが、そこでは次のようにあります。

 小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。
 彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。
 すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」と言い渡された。(ヨハネの黙示録6章9~11節)

 

「数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」とは、過去の聖賢たちの立場を蕩減復帰する「14万4000人」の数的基台が立てられなかったため、その数的基台が造成されるまで待ちなさいという意味なのです。

 

③「14万4000人」は「祝福家庭」を意味する

『原理講論』には、最初に「14万4000人」について預言されている7章について、次のように説明されています。

黙示録六章12節にイエスが第六の封印を解かれたことについて記録したのち、最後の封印を解かれる前の中間の挿話として、第七章が記録されたのであった。(『原理講論』p585)

このように、最後の封印の前に中間の挿話として7章が必要になったわけですが、この章には「14万4000人」の内訳が詳細に記録されています。

 わたしは印をおされた者の数を聞いたが、イスラエルの子らのすべての部族のうち、印をおされた者は十四万四千人であった。ユダの部族のうち、一万二千人が印をおされ、ルベンの部族のうち、一万二千人、ガドの部族のうち、一万二千人、アセルの部族のうち、一万二千人、ナフタリ部族のうち、一万二千人、マナセの部族のうち、一万二千人、シメオンの部族のうち、一万二千人、レビの部族のうち、一万二千人、イサカルの部族のうち、一万二千人、ゼブルンの部族のうち、一万二千人、ヨセフの部族のうち、一万二千人、ベニヤミンの部族のうち、一万二千人が印をおされた。(ヨハネの黙示録7章4~8節)

 

7章は、第2次天宙的カナン復帰路程の1960年から2000年までの40年路程の預言なので、ここに記録されている「14万4000人」とは、この期間に立てられた「祝福家庭」のことを意味しています。

この40年路程は、アベルの位置を離れた韓国のキリスト教に代わり、統一教会の祝福家庭が蕩減路程を歩み、再臨主を迎える新婦圏の基台を再び造成する期間です。

それはちょうど第六の封印と第七の封印のあいだの挿話として7章が記録されたように、サタンに侵入された第1次天宙的カナン復帰路程(1920~1960年)の延長路程として第2次天宙的カナン復帰路程が必要になったのです。

その路程を勝利した基台の上で、本来は韓国のキリスト教を中心として立てるべきだった「14万4000人」の代わりとして行われたのが、2002年4月27日、アメリカ・ワシントンでの「14万4000双聖職者祝福結婚式」です。

韓国を中心に民族的、国家的基準で立てるべきだった「14万4000人」の基台を、40年の蕩減復帰路程を経て、アメリカを中心に世界的基準で造成したのです。

この勝利圏によってキリスト教は失敗する前の立場に復帰することができ、再び天の摂理圏に立ちえる条件が成立しました。

しかし、第2次天宙的カナン復帰路程が第3次天宙的カナン復帰路程に延長されたため、この「14万4000人」の数理的基台は失われてしまいました。

そのため、侵入したサタンを分立する「天地王権分立時代」(2012~16年)、そして再び真の母を立てる「真の母捕虜及び帰還時代」(2016~18年)を経て、1960年から2000年までの40年路程を4年間で横的に蕩減復帰する期間が「三大王権完成準備時代」(2018~22年)です。

『ヨハネの黙示録』で「三大王権完成準備時代」(2018~22年)が預言されているのは、13章から18章です。

そのため7章で預言された「14万4000人」が、再び14章で預言されているのです。

 

~後編②につづく~

Print Friendly, PDF & Email