「40日路程実践プロジェクト【基礎編】」の記事一覧

このカテゴリーは、UPMC主催の『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】について解説しています。

UPMC(「統一原理」マスタークラブ)では、復帰摂理路程で最初に立てなければならない条件が信仰基台であり、それを立てるための方法論として「40日路程の実践」を提唱しています。

「40日路程の実践」の原理的意義と価値、そしてその実践方法を知って、ぜひ一度、チャレンジしてみてください。

「統一原理」が本当に究極の真理なのかどうか、あなた自身で確かめてみることをおすすめします。

 

【当カテゴリー内の記事一覧】

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】①「40日路程」の原理的意義と目的

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】②「40日路程」の実践方法

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】③「信仰基台」成立の判断基準

『40日路程実践プロジェクト』【応用編】40日路程と公式7年路程

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】④啓示に対する原理的解釈とその対応

■「実体基台」におけるアベルの責任分担とは?

『統一思想』から見た「信仰基台」と「実体基台」とアベルの正道

「統一思想」から見た「信仰基台」と「実体基台」とアベルの正道

40日路程実践プロジェクト【基礎編】

【今回深掘りする原理のみ言】 堕落前の未完成期のアダムとエバは、成長期間の三段階を経て、第四段階である神の直接主管圏内に入って、初めて四位基台を完成するようになっていた。したがって、彼らが「信仰基台」を立てる成長期間は、 […]

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】④啓示に対する原理的解釈とその対応

40日路程実践プロジェクト【基礎編】

【今回深掘りする原理のみ言】 終末においては、心霊がある基準に達した信徒たちは「汝は主なり」という啓示を受けるようになるのであるが、そのとき、彼らがこのような啓示を受けるようになる原理を知らなければ、自らを再臨主と自称す […]

『40日路程実践プロジェクト』【応用編】40日路程と公式7年路程

40日路程実践プロジェクト【基礎編】

【今回のみ言】 堕落した人間はサタン分立の路程を通して、アダムとエバが成長した基準、すなわち、長成期の完成級まで復帰した型を備えた基台の上でメシヤを迎え、重生することによって、アダムとエバの堕落以前の立場を復帰したのち、 […]

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】③「信仰基台」成立の判断基準

40日路程実践プロジェクト【基礎編】

【40日路程の原理的根拠】 成長期間は、これまた、四十数完成期間でもある。ゆえに、第四には、堕落前の未完成期にあった人間始祖は、四十数による「信仰基台」を立てて、創造目的を完成することにより、四十数完成実体とならなければ […]

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】②「40日路程」の実践方法

40日路程実践プロジェクト【基礎編】

【40日路程実践の原理的根拠】 復帰摂理時代においては、「四十日サタン分立基台」の上で、供え物の代わりに神のみ言を中心として立つことができさえすれば、それをもって「信仰基台」を復帰するようになっていたのである。(『原理講 […]

『40日路程実践プロジェクト』【基礎編】①「40日路程」の原理的意義と目的

40日路程実践プロジェクト【基礎編】

【40日路程の原理的根拠】 アダムからノアまでの期間は、四十数を復帰するための蕩減期間であった。しかるに、当時の人間たちの淫乱によって、この四十数蕩減期間がサタンの侵入を受けたので、神はノアの箱舟を中心として、四位基台を […]

ページの先頭へ