「成約時代の摂理的同時性」の記事一覧

「統一原理」が真理であるなら、今現在起きている現象についても、原理的な観点から説明できるはずです。

この「成約時代の摂理的同時性」のカテゴリーでは、今も続く復帰摂理が摂理的同時性の観点からどのように展開しているのかを考察しています。

ここに記載されている内容は、あくまでUPMC(「統一原理」マスタークラブ)の見解であり、今後より検証が進んだ段階で修正される可能性がありますので、ご了承ください。

 

【当カテゴリー内の記事一覧】

成約時代の摂理的同時性①総論と概要

成約時代の摂理的同時性②キリスト教迫害時代

成約時代の摂理的同時性③氏族メシヤ家庭教会時代

成約時代の摂理的同時性④天一国時代

成約時代の摂理的同時性⑤天地王権分立時代

成約時代の摂理的同時性⑥真の母捕虜および帰還時代

成約時代の摂理的同時性⑦真の家庭降臨準備時代

成約時代の摂理的同時性⑧「天宙聖和式」後の120カ月路程

今、成約聖徒が受けている「言語に絶するほどの内的な試練」とは?【partⅠ】

 

今、成約聖徒が受けている「言語に絶するほどの内的な試練」とは?【partⅠ】

成約時代の摂理的同時性

【今回深掘りする原理のみ言】 この時代においては、文芸復興の主導理念である人文主義と、これに続いて起こる啓蒙思想、そして、宗教改革によって叫ばれるようになった、信仰の自由などによる影響のために、宗教と思想に一大混乱をきた […]

ページの先頭へ